サイトマップ

消費者金融の審査に落ちても気にしない

消費者金融でお金を借りようとしたらまさかの審査落ち、審査に落ちれば誰でもショックを受けると思います。融資を受けるに値しないのか、返済能力がないのか、年収が一般と比べて少ないのか、色々考えたくもなります。しかし、消費者金融の審査に落ちたからといって、それ程落ち込む必要はありません。

 

 

CMなどを見ると、誰でも借りられそうに見えるかもしれませんが、実は消費者金融の審査は意外と厳しいのです。実際に審査を受けた人達の内、半分以上が審査に落ちてしまいます。例えばプロミスの審査通過率は40%台なので、落ちる人の方が多い位なのです。審査通過率が高いと言われているアコムでさえ、50%未満です。

 

消費者金融の審査に落ちたからといって、人より劣っているという訳ではありません。ただし、審査に通過しなければ、お金が借りられません。落ちたからといって必要以上に落ち込まなくてもいいのですが、対策を考える必要はあります。

 

審査の通過率の高い所で再度申込む

審査に落ちてしまっても、消費者金融は1社だけではありません。アコムで審査落ちしたがプロミスで申込んだら通ったという人はいくらでもいます。また、逆にプロミスで審査落ちしたがアコムで申込んだら通ったという人もいます。

 

審査通過率の違いはあれど、ここが一番通りやすいという消費者金融はありません。各社審査基準が違うので、他社で受ければあっさり通る可能性があります。

 

特にカードローンを申込んだのが消費者金融ではなく銀行系であったなら、今度は消費者金融のカードローンを申込んでみるとよいでしょう。銀行系のカードローンの審査はさらに厳しいので、消費者金融に申込めば借りられる可能性があります。

 

それでも大手はしっかりとした審査を行いますので、あまりにも状況が悪いと審査落ちとなる可能性があります。有名どころのプロミスの審査基準もしっかりとしたものとなっているので気をつけておきましょう。

 

申告内容に問題が無かったか見直す

審査に理由として意外と多いのが、入力内容の虚偽や間違いです。入力した内容に間違いがあると、審査に落ちるきっかけとなります。また、意外と多いのが適当に回答するパターンです。

 

審査に必要な項目として、申込み時には色々な質問を受けます。生年月日や住所もそうですが、年収や雇用形態、勤続年数、保険の種類、持ち家か借家かなどです。勤務先の電話番号がわからず、営業所ではなく本社の電話番号を入れた、保険の種類がよくわからないから適当に選んだ、などの理由で審査に落ちてしまう場合もあります。

 

分からない所はきちんと質問して、正確に入力を行いましょう。また、審査に通ろうとして、申告内容を偽る人もいます。嘘の内容がバレてしまい、それが理由で審査に落ちるケースも多いので注意しましょう。

 

借入目的や希望額にも注意する

申込み手続きでは、借入れの目的や、希望額も答えます。借入れの目的については意外と幅広く認められていて、生活費ではなく、レジャー目的であれば、その通りに申告しても問題がありません。かえってレジャー目的の方が、生活費には困っていないと判断され、好材料となるケースもある位です。

 

ただし、目的がギャンブル関連であれば、審査に通過するのは難しくなります。事業目的の借入れについても、一般向けのカードローンでは認められないケースがほとんどです。得にギャンブル目的には気を付けましょう。

 

希望額が収入に対して多すぎるのも、審査に落ちる要因となります。もしも審査に落ちてしまったら、次は借入希望額を少しでも少なめにしておきましょう。それだけで審査に通る可能性は変わってきます。

 

他社での借入れがないか確認する

カードローン申込み時に必ず聞かれるのが、他社の借入れ状況です。複数社で同時に借入れしていると、それだけで審査は厳しくなります。この場合、希望額を少なめにするか、複数社の借入先を一本化するなどすると、審査に通る可能性も高くなります。

 

また、現在借入れしている所があるならば、そこで限度額の増額ができないか相談するという手段もあります。

 

もし一本化を考えるならおまとめローンとしての利用が可能なカードローンの審査を受けることとなりますが、その際にも上記のそれぞれの内容は重要となります。特に銀行で借りるオリックス銀行からのおまとめローンの場合には保証会社の審査基準が厳しいため、間違いがないように進めなければなりません。